ストーブお助け笑会 店主のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三陽(サンヤン) Wolf Classic 125cc

<<   作成日時 : 2016/06/10 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

チョイ乗りにこんなの買ってみた。
下駄代わりと言ってはバイクに失礼だが、お値段的にも、まさにスニーカー価格。
新車当時は20万円以上したのに、台湾製というだけで、激安になってしまう。
グローバルな視点では、ホンダCB125JXの後継者と認識されているようだが、日本では、あくまで台湾バイク。
しかし、サンヤンは40年もの間ホンダと提携関係にあり(現在は解消)、みんなが思っているより品質は良い。

私の身近にもサンヤンのスクーターを愛用しているユーザが幾人もいるが、日本製と遜色無い。(というかMade in JAPAN のスクーターが存在するのか?・・・・)

さて、Wolf Classicだが、CB125JXを12V化したとモデルと考えると話が早い。

最初こんな姿でした。
画像



サドルバックを除去し、マフラーガードを黒塗装。
画像


錆びたミラーをヤマハっぽいものに変更。
画像


テール周りをルーカス風に変更。
台座はヤマハSR用を流用した。
画像



クラッチがヘタリ気味だったので、交換。
クラッチ盤、スプリング、ケースのガスケットまでホンダ純正でジャストフィット。
これには驚いた。
画像


画像



Webを探しても、60km以上では振動で耐えられないとか、スターターや電装が弱いとか、ネガティブな情報しか得られないが、乗ってみると実に快適で、楽しいバイクだ。
ちょっとガスを濃い目にすると始動性は良くなるし、スターターや充電系にも全く不安はなく、確かに高速域で振動は増えるが、耐えられないようなレベルではない。昔のW1とかXSなどを思えば全然平気。

可愛いエンジン。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三陽(サンヤン) Wolf Classic 125cc ストーブお助け笑会 店主のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる