ストーブお助け笑会 店主のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ショベルヘッド1200 ウインカースイッチの交換

<<   作成日時 : 2017/07/31 16:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ショベル時代のウインカースイッチは、押している間だけ動作するタイプなので、右左折・進路変更の多い(たぶんアメリカより)日本の環境下では非常に使い勝手が悪い。
しかも、右グリップには右折用、左グリップには左折用と、スイッチが左右別々に付いているのも困りもので、右折ではスロットルを操作しながら、左折ではクラッチを操作しながら、親指は常にスイッチを押していなければならない。

これでは不便なので、一回押すとオン、もう一度押すとオフになるスイッチに交換したい。
秋葉原で探すのも楽しいが、電車賃を考えるとWEBで探して買う方が賢い選択だ。

外したオリジナルスイッチ(右)と、交換するスイッチ(左)。
この形状の違いと、スイッチの高さが曲者で、ポン付けとはいかない。。
画像


日本人は伝統的に左右非対称に美や粋を感じる国民だが、アメリカ人は左右対称なデザインが好きなので(マッキンのオーディオアンプも同様)、左右のスイッチボックス形状も各ボタンの配置も全て左右対称だ。
左スイッチは、左ウインカーとホーン、真ん中のシーソー式のスイッチはディマー。右スイッチは、右ウインカーとスターター、真ん中のシーソー式のスイッチはキルスイッチだ。
交換するウインカースイッチは、隣のホーン(またはスターター)と、H型の金具で一緒に押さえつけられる形でネジ留めされている。

交換後の画像。
動作確認し、長年の汚れを落として、組付け。
画像


オリジナルより、ボタンの高さがあるので、ちょっと出っ張るが、かえって操作しやすい。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ショベルヘッド1200 ウインカースイッチの交換 ストーブお助け笑会 店主のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる