ストーブお助け笑会 店主のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ショベルヘッド1200 フロントブレーキスイッチ不良

<<   作成日時 : 2017/12/06 14:55  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フロントブレーキのストップランプスイッチに不具合発生。ランプが点いたり点かなかったりするようになった。
単なる接触不良と思い、外して点検すると、スイッチ(写真右の黒い部分)が引っ込んだまま固着していた。
ネオファクトリーのサイトを検索すると、一個310円なので早速購入。(写真左が新品)
画像


ブレーキスイッチは、ボックスの内側からねじ込み、スイッチの頭(黒い部分)が外側に露出し、ブレーキレバーによって押される仕組み。
画像


さて、組付ける前に動作確認し、いざねじ込んで配線すると、全く点灯しない・・・・・・
どうやら、いきなり壊れた模様・・・・・・
配線の接続端子がぐらぐらになっていて、接触不良を起こしたらしい。
アジア製なので品質は悪いと聞いていたが、これほどとはねぇ。。 310円では文句を言う気にもならない。

そういうときは、工具箱を漁って使えそうなスイッチを見つけるのが一番。
ありましたありました。信頼できるオムロン製の小型スイッチが出てきました。いつ何のために買ったか覚えていないが、捨てなくてヨカッタ。
これはドアの開閉を感知する時に使われるタイプで、レバーを押すことでon/offされる仕組みだ。
しかも、プッシュでon、またはプッシュでoffというように、接続する端子を選ぶことで、どちらの動作も可能という都合の良い製品だ。
フロントブレーキを握った際、ブレーキレバーが、このスイッチから生えているレバーを押すような位置に固定すればよいのではなかろうか。
とりあえず、工具箱から出てきた素材を切り貼りしてスイッチを設置。
画像


大成功。少々見た目は汚いが、ブレーキレバーを握ると、カチッ、カチッというクリック音とともにブレーキランプが点灯する。
画像


ちゃんとしたスイッチが入手できるまで、当面これで行きましょう!!


後日談
日本製のブレーキスイッチを購入し、念のためスイッチの動作テストをしたら、まさかの初期不良。
スイッチのON/OFF動作が極めて不安定なのだ。
ということで、先日応急的に作成した外付けスイッチを、仮留めから本付けするためマウントプレートを作成することにした。

アルミ板から切り出し、整形。
画像


位置決めをし、本付け。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ショベルヘッド1200 フロントブレーキスイッチ不良 ストーブお助け笑会 店主のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる