アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ストーブお助け笑会 店主のブログ
ブログ紹介
私、ストーブお助け笑会店主のsabitoriと申します。

ここは、ストーブお助け笑会店主のブログ兼、ストーブオタクの質問受付窓口です。

ヤフーブログで、身近な野鳥図鑑を書いてます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
サンヤンWolf Classicマイナートラブルあれこれ
サンヤンWolf Classicマイナートラブルあれこれ 購入時から、日本製バイクでは起こりそうもないトラブルに見舞われることは覚悟の上だったが。。。 最近発生したトラブル数件をまとめると。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/25 22:14
XV1100virago グリップヒーター取り付け
XV1100virago グリップヒーター取り付け 昔は、真冬でもハンドルカバーも付けず(ジジ臭いから)厚手のグラブだけで(痩せ)我慢していたものだが、寄る年波には勝てず、ここ数年はハンドルカバーを愛用してきた。 しかし、それでも寒いので、グリップヒーターを付けることにした。 グリップヒーターには、グリップに巻き付ける腹巻タイプと、ヒーター内蔵のグリップに交換するタイプがある。腹巻タイプは着脱こそ簡単だが、グリップ径が太くなるのが欠点。 よって、グリップごと交換するタイプを選択した。 取り付けは至って簡単。今付いているグリップを抜いてヒー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/26 18:44
XV1100virago サドルバッグを付けた
XV1100virago サドルバッグを付けた virago最大の欠点は積載スペースの少なさだ。 いちおうチョッパースタイルのマシンなので、積載なんて「二の次三の次」なのはわかるけど、何も積めないのは不便だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/30 18:22
XV1100virago メインヒューズをミニ平型ヒューズに変更
XV1100virago メインヒューズをミニ平型ヒューズに変更 YAMAHA XVシリーズは元祖XV750の時代からメインヒューズにガラス管の30Aが使われている。 ヒューズボックスはこんな形。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/14 16:05
117クーペXC 117でブルックリン
117クーペXC 117でブルックリン 千葉県八街市にあるジャズ喫茶「ブルックリン」を訪問した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 17:56
117クーペXC パーキングブレーキワイヤー交換
117クーペXC パーキングブレーキワイヤー交換 車検整備に合わせ色々点検すると、パーキングブレーキワイヤーが固着していることが判明。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/29 13:05
117クーペXC 猛暑対策
117クーペXC 猛暑対策 夏はバッテリーの突然死に要注意。 酷暑が来る前にバッテリーを交換しよう。 サイズは55B24R。ホームセンターで売っているアジア製の安価なものだが、まぁ大丈夫でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/18 18:17
XV1100virago 結局ヤマハのVツインに戻った
XV1100virago 結局ヤマハのVツインに戻った 今を遡ること36年前、ドカティの900MHRに始まり、ショベルヘッドのハーレーFXEとFXWGと乗り継ぎ、しばらく4気筒に浮気し、再び2気筒車に戻ったのは2010年、W650だった。 コンパクトで乗りやすくとても良い車だったが、短足の私にはシートが高過ぎ、降りた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 23:13
三陽(サンヤン) Wolf Classic 125cc
三陽(サンヤン) Wolf Classic 125cc チョイ乗りにこんなの買ってみた。 下駄代わりと言ってはバイクに失礼だが、お値段的にも、まさにスニーカー価格。 新車当時は20万円以上したのに、台湾製というだけで、激安になってしまう。 グローバルな視点では、ホンダCB125JXの後継者と認識されているようだが、日本では、あくまで台湾バイク。 しかし、サンヤンは40年もの間ホンダと提携関係にあり(現在は解消)、みんなが思っているより品質は良い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 10:24
117クーペXC デスビ交換
117クーペXC デスビ交換 停車状態から、ローギアに入れ3000回転くらいまで加速して、アクセルペダルから足を放し、クラッチを踏んでギアをセカンドへ・・・・・このときタコメータの針が大きく跳ね上がり、明らかに異常な動きをした。 3000回転を越えたあたりでアクセルを戻すと、タコメータの針が、まさに「タコ踊り」する。 ついにメータが壊れたかと思ったが、空ぶかしではこの現象が起こらない。 負荷が掛かっている際に発生する。。。というところまで特定できたが、、うーーん。なんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/19 18:05
117クーペXC ドアバイザー装着
117クーペXC ドアバイザー装着 同年代の117クーペに付いていたドアバイザーを貰った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/20 17:50
117クーペXC フロントスタビライザーブッシュ交換
117クーペXC フロントスタビライザーブッシュ交換 前オーナはマメな方だったようで、過去の整備記録簿がちゃんと残っている。 それによると、2011年10月車検時にスタビライザーブッシュは交換されている。 それから4年半。その間の走行距離約8000kmにしては劣化著しいような気がする。 どんな走り方していたのか?? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/11 18:40
117クーペXC フェンダーミラーベースの交換
117クーペXC フェンダーミラーベースの交換 左のフェンダーミラーのベースが割れている。 実用には問題無い状態ではあるものの、少々カッコ悪いので、交換することにした。 パーツはドナーからイタダキ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/03 17:44
GOLDWING GL1100 タイヤ交換
GOLDWING GL1100 タイヤ交換 まだまだ山が残っていると油断していたら、気づくとかなり減っていた。 サイズを確認するためタイヤを見ると、フロントが120-90-18、リアが130-90-16。 なんと、フロントだけチューブ入りタイヤが組まれている。 これはぜひともチューブレスにしなければ。 と、タイヤを探すと。。。。。 フロント120-90-18にチューブレスが見つからない。 結局、井上ゴムのRS-310のフロント用に110-90-18チューブレスが存在したので、フロントをワンサイズ細くした。 リアは従来通り13... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/22 17:35
117クーペXC ホイルキャップ新品をゲット
117クーペXC ホイルキャップ新品をゲット 鉄ホイルには、メッキのキャップとホイルリングでキマリ!だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/16 18:44
久々 ホームページ更新
ホームページをメンテしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 17:42
117クーペXC キー交換
117クーペXC キー交換 オリジナルキーが失われてしまった中古車は多い。 この車もその一例。 街の合鍵屋さんで切られたマスターキー一本しか付いておらず、しかも長年の使用で鍵山が減り、メインスイッチONでもOFFでも抜けてしまう状態だったのでなんとかしたいと思っていた矢先、ほぼ同年式のキーセット一台分をゲットできた。 マスターとサブ(高級車の作法通りサブではグローブボックスとブートリッドは開けられない)が揃っており、もちろん117ネーム入り、唐獅子マーク入りの本物だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/19 17:02
GOLDWIMG GL1100 バッテリー交換とプラグ交換
GOLDWIMG GL1100 バッテリー交換とプラグ交換 スタータは元気良く回るものの、エンジンのかかりが悪い。 かかりの悪さは寒くなったせいもあるが、スタータに電気を喰われ点火系に電力不足が発生しているのだろうか??? 試しにブースターケーブルを使い、車のバッテリーと繋ぐと一発でかかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/15 13:30
117クーペXC トランク(ブート)リッドの縁に錆
117クーペXC トランク(ブート)リッドの縁に錆 往年の高級車にふさわしく、ふんだんに使われているモールディング。しかも鉄にクロムメッキではなく、ステンレス製というあたり、いすゞ自動車の意気込みが感じられる。 現在ではヒカリモノ(材質こそプラスチックにクロム蒸着になってしまったようだが)の復権著しいが、1980年代、メッキパーツは時代遅れの装飾として衰退。 いすゞ自動車も、117降板以降、車名を表すバッチまでステッカーになってしまった。ジェミニやアスカなど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/17 11:38
117クーペXC ショックアブソーバ交換
117クーペXC ショックアブソーバ交換 ショックがへたっていて、バネだけで走っている感じ。 路面にデコボコがあると、車体が飛び跳ねて収まらない。 既に純正品は入手不可能なので、手頃なモンロー製をゲット。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/03 17:43

続きを見る

トップへ

月別リンク

ストーブお助け笑会 店主のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる