ストーブお助け笑会 店主のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ALFETTA コラムスイッチを治す その1

<<   作成日時 : 2014/04/15 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前(2007年)、夜間走行中にステアリングコラム周辺からパチっとスパーク音がし、煙とともに焦げた様な臭いが漂ったその直後、ライトが全て消えるというトラブルに見舞われました。
当時、コラムスイッチが入手できなかったので、ダッシュ下にトグルスイッチを増設してライトが点灯するよう応急処置をし、そのまま使っていたのですが、少々カッコ悪いので今回は真面目に治そうと思います。

まずはステアリングを抜かなければなりません。
手近にある材料でプーラーを作ってチャレンジしましたが、即席プーラーはダメですね。ステアリングはびくともせず、即席プーラーの方が壊れてしまいました。
結局、ちゃんとしたプーラーを友達から借りて来てなんとか抜くことができました。

アルフェッタのステアリングはジュリア系と違い一般的なスプラインで嵌っています。ジュリア系はマッチ棒の先くらいのロックキーを差し込んで位置決めをするタイプなので、取り付けが少々憂鬱ですが、スプラインなら簡単。

画像


さてこれからが手術本番です。
つづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ALFETTA コラムスイッチを治す その1 ストーブお助け笑会 店主のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる